お客様の声日頃のご愛顧いただいておりますお客様からのお言葉をご紹介させていただきます

20190221健康経営優良法人認定書.jpg弊社は2019年2月21日に「健康経営優良法人2019 中小規模法人部門」として認定を受けました。


健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

 

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

 

本制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。

 

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

お知らせ | 2019年03月15日

20180713安否コール セミナー案内状.pdf←お申込みはこちらから

 

今年度は予算500億円 

 

ここでしか聞けない!IT導入補助金活用による最新版「安否確認システム」セミナー2018

 

新規導入や乗換えを検討している方向けの決定版!!

 

2年目となるIT導入補助金採択のコツや、今回初となる安否確認システムの効果的な活用方法の裏話など、ここだけでしか聞けない企業事例や他社比較を含めたポイントをご紹介します。BCPの初動に必要不可欠なことはもちろんのこと、快適な職場環境を実現するための働き方改革のソリューションとして普段使いの数々のよくある事例やサンプルもご紹介します。

お知らせ | 2018年06月28日

メンタルヘルスケア教育研修.JPG平成29年6月20日に、内閣府認可一般財団法人職業技能振興会の、メンタルヘルスケア教育研修全工程を終了しました。

お知らせ | 2018年06月28日

BCP認定式.jpg2018年2月26日、香川県庁にて香川県中小企業BCP優良取組事業所認定制度の認定証交付式に出席しました。BCPとは、従業員の生命と企業の財産を確保し、災害発生後に中核となる事業を継続または早期復旧することで、取引先や地域からの信頼を維持し、企業価値を高めるための事業継続計画のことを言います。あらかじめ緊急非常事態における事業継続のための方法、手段を取り決め、日頃から確認しておくことが重要です。

お知らせ | 2018年03月05日

同友会経営相談室9月度例会.JPGH29年9月15日(金)19時より2時間弱ですが、香川県中小企業家同友会 経営相談室担当例会としてセミナー講師を務めさせていただきました。写真はセミナー途中に挟んだ「正しい名刺交換のやり方」&「コミュニケーションの大切さを痛感できる丸秘ワーク」中の参加者です。参加者のアンケートでの学んだこと・気付いたこと感想等は以下のとおりでした。

(参加者アンケートでの、学んだこと・気付いたこと感想等)

・営業のステップ、漠然とやっているだけだった。ステップ分け、それぞれの分析をすることにより、習得しやすくなる。

・潜在客についてのアプローチ(データーベースの見直し)

・様々な営業手法を教えてもらって、明日から使うのが楽しみです。

・名刺交換は勉強になった。

・潜在客というところをもう一度整理し、データーベース化したいと思います。全社員と共有したいと思いました。

・経営者は集客が仕事である。売れる仕組み作りのための戦術の方法を学びました。

・名刺の渡し方を初めて学びました。

・これまで会った人、過去に断られた人、再び全て「データーベース化」すること。机の中に眠っている名刺を全て出して、全員のデーターベースにする。そこからスタート!

・今、私が大切にしている営業手法は潜在顧客からアポイントを取るというプロセスを一番大切にしていることです。改めて講師の方と意見がマッチしたので、とても自信に繋がりました。

・リストの整理を改めてしようと思います。あと名刺の渡し方を再度勉強します!今日は、大変勉強になりました。ありがとうございます。

・これまできちんと教えてもらったことがなかった内容だったので、大変役立ったし面白かった。ありがとうございました。

・名刺に写真を入れることを思い出しました。

 

私の持っているスキルが皆様のお仕事で参考になったようで幸いです。営業は「楽」ではないが「楽」しい仕事です。最近の若い人が営業職を敬遠している現状を、とても残念に思います。文系大学を卒業しても、約70%ぐらいの人は何らかの営業職に就くというデーターもあります。私自身も工業系の学校を卒業しましたが、最終的に営業マンになりました。もし30歳まで就いていたエンジニアのままっだたら、今までに会った人の数が1/100ぐらいしか居なかったと思います。たくさんの人に会うことで、自分が必ず成長できる営業という素晴らしい職業を知って欲しい。このような営業セミナーに参加することで、営業職に対するイメージが変わってくれたら最高に幸せで、講師冥利につきます。

お知らせ | 2017年09月29日

[ 1 ] | [ 2 ] | [ 3 ] | [ 4 ]
カテゴリ別アーカイブ