Q&A

増築や改築といった住宅リフォームと保険

head011_05.png


近年、住宅リフォーム(リノベーション)をする人も増えていますが、やはりここでも保険の話は絡んできます。

リフォームと一言で言ってもさまざまなケースがあるでしょう。増築や改築、あるいはその両方。設備のリニューアル(オール電化)など。それぞれのケースごとに保険を見直すことは極めて重要です。

一般的にリフォームを行ったときに、自ら保険会社や代理店に連絡をする人は少ないと思います。具体的にどのような見直しが必要かを見ていきましょう。



火災保険とリンク

head011_05.png


住宅リフォームによって大きく変わるものの1つが、何と言っても資産価値です。例えば500万円かけて増築した場合、これまで3,000万円だった住宅の価値に新たに500万円の価値が加わり、3,500万円の価値の住宅となります。

これまで新価(新しく住宅を買い替えるのに必要な価格)で3,000万円の補償額で火災保険に加入していて、リフォームを機に見直しを行わないと、万が一全焼の事故が起こった際には充分な金額が補償されないこととなってしまいます。

また、火災保険で危険なのは「一部保険」が起こってしまったときです。一部保険とは例えば、3,000万円の住宅に1,000万円分だけ火災保険に加入していることを言うのですが、このような加入をしていると問題が生じてきます。

例えば600万円の実損の事故に遭ったとしましょう。その場合、1,000万円までは保険に加入しているから保険金を、まるまるもらえると思われている方が多いですが、実はそうではありません。

3,000万円に対して1,000万円の保険。つまり1/3の保険に加入していると見られ、先の事例であれば600万円の事故に対して200万円しか補償されない、という事態に陥ってしまうのです。

このように火災保険は保険の対象の価値が変わったときは、慎重に補償額を見直す必要があり、リフォーム時にリンクさせることは極めて重要であることを押さえておきましょう。



火災保険を総合的にチェックするチャンス

head011_05.png


日頃から、火災保険のことばかり考えて生活している人はいないと思います。だからこそ、住宅リフォームを、火災保険の見直しの良いきっかけにするべきです。

先に述べた補償額を適正にすることはもちろんですが、ここで例えば「家財」の保険にきちっと加入しているかを確認することも重要です。

住宅ローンを組む際に、住宅に対しての保険は銀行から熱心にすすめられ、あるいは質権がついているようなケースの場合は極めて義務的に加入することが多いと思いますが、家財の保険については見落としがちです。

家財の保険とは家の中にある家電や家具など、いわゆる住宅の「具」を対象に加入する保険です。たいした金額にならないとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、意外に大きな金額になっていることが多いので、1度どのくらいあるか確かめるのも良いでしょう。



 【募集文書番号:15-T-00579 2015年5月作成】



<関連記事>

ライフプラン(ライフシュミレーション)の必要性と保険の関係

住宅購入を機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

出産を機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

結婚を機に見直す保険と必要性について

Q&A | 2015年08月13日

一括払いと分割払いで保険料が変わる

head011_05.png


タイトルを見て、興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば自動車保険を分割で支払っている方も少なくないと思いますが、実は、あの分割払には「分割手数料」がかかっているのです。保険会社によっても違いがありますが、年間保険料を12分割することで5%が上乗せされている商品が多く見られます。

もちろん一概には言えませんが、「分割でもできますよ」と言った案内をする代理店は多いですが、「5%上乗せされます」とまで説明する代理店は比較的少ないと思います。

保険料の払い方で、保険料が変わるという事実を認識することが重要です。


補償内容の変更など、一括支払いにはデメリットも

head011_05.png


一括支払いによる保険には、デメリットもあることを認識する必要があります。まずは、やはり1回の負担が大きいというところだと思います。長期に渡る保険料を1回で支払うことになるので、ある程度まとまったお金が必要になり負担は決して小さくありません。

また、途中での補償の見直しや条件変更が難しく、手続きも煩雑になることもデメリットでしょう。1年ずつの保険であれば、毎年更新時に見直せば良いのですが、長期の保険はいわゆる「入りっぱなし」という側面があることには注意が必要です。

保険は常に時代や環境に合わせた補償が商品開発されるため、それら商品ラインナップに変化がないとは考えにくく、タイムリーな補償内容に変更したくてもできなかったり、変更時の返戻保険料が不利になる場合もあります。


【2015年4月作成】

Q&A | 2015年08月06日

重要なライフイベントの1つ「結婚」

head011_05.png


保険はライフイベントごとに見直すことが定説であり、また今後迎えるライフイベントに向けて保障を考えていくことが極めて重要です。中でも結婚は数あるライフイベントの中でも、重要であることは間違いないでしょう。

独身のときの保障内容のままになっている場合は当然、保障額を上げる必要があります。結婚には「責任」がつきまといますので、その責任を果たす一端が保険であることは間違いないと思います。

 


独身時代からの見直し

head011_05.png


結婚すると、「自分ひとりのことだけを考えれば良い」という考え方に終止符を打たなければならないですよね。通常、独身時代には最低限、親に迷惑をかけない程度の保険に入っていることが多いと思います。

例えば、万が一の際に葬式代くらいは自分の保険でまかなえるように加入する定期保険や、長患いをしてしまったときに親に病院代を負担させないように加入する医療保険が挙げられます。もちろん、この他にも加入している方もいらっしゃるでしょうが一般的にはこのケースが多いです。

しかし、結婚となればワケが違います。万が一自分自身に何かあった際に、結婚相手が暮らしていけるように保険を設計していかなければなりません。

結婚の時は結婚式の費用や新生活の費用など、お金がかかることが多く「保険にまで話が行き着かなかった」などという方も少なくありません。

しかし、少し現実的な保険の話を真剣に話し合うことも、2人の絆を強めてくれるのではないでしょうか。

 


結婚を機に見直す具体的な保険

head011_05.png


それでは、具体的に結婚を機にどのような保険を見直すべきなのかについてお話しましょう。

まずは死亡保障について。基本的には終身保険と定期保険の死亡保障額を見直す、あるいは加入し直すことが重要となってきます。独身までの間は、せいぜい葬儀費用がまなかえるだけの300万円~500万円で加入することが一般的だと思いますが、これでは到底足りません。保険会社や代理店に相談すると将来に渡る給与などから勘案し、必要保障額を算出してくれます。亡くなってしまった場合、相手にいくら残せば不自由なく生活できるかという金額です。

また、特に自営業者や会社経営者は働けなくなった場合の所得保障についても加入を検討するべきです。長患いなどで仕事ができなくなってしまえば、たちまち配偶者に迷惑がかかってしまう。そうならないように、万が一病気やケガで働けなくなった場合も給与分ぐらいが月額で支払われるような保険に加入しておくことをおすすめします。


【 2015年4月作成】



<関連記事>

ライフプラン(ライフシュミレーション)の必要性と保険の関係

住宅購入を機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

出産を機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

住宅リフォームを機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

Q&A | 2015年08月02日

「出産」は大きなライフイベントのひとつ

head011_05.png


ライフイベントとは人生の出来事を指すのが、その中でも出産は大きなライフイベントいっても過言ではありません。

「出産により家族がひとり増える」「その生まれた子の将来にはお金(教育費など)が必要となってくる」「一家の大黒柱に万が一があった際、生涯に渡って必要なお金の総額が出産前とは違ってくる」といったことが、どのご家庭でも考えられることになってきます。

出産というおめでたいイベントにお金のことばかり持ち出すことは、あまり良いことではないかもしれませんが、これらは現実的に生じる問題でもあります。



子どもの将来を考えて親の加入している保険を見直す

head011_05.png


まずは、子どものために親の保険を見直すことが重要です(子どもが生まれた時点で何も保険に加入していないという場合は加入することをおすすめします)。

一般的に独身の際は、万が一があった場合の葬儀費用や、医療保険など親に迷惑をかけない程度の保険から加入することが多いと思います。そして、結婚した時には、配偶者が生活に困らないように、後の必要保障額を考え保険金額を増額したり、加入しなおしたりすることが一般的でしょう。

子どもが生まれた場合は、遺族に残すべき金額が増えるわけですから、当然、必要保障額を見直すことが必要になるため、できれば妊娠中の段階で検討を始めると良いでしょう。



教育資金を備えるためにも子どもの保険加入の検討を

head011_05.png


親の保険を見直すことと同時に行わなければいけないことが、子どもの保険の加入を検討することです。子どもの成長に合わせて、何かとお金がかかることも事実。教育資金はもちろんのこと、突発的な病気や事故にも備え保険加入を検討することが重要です。

最もスタンダードな加入方法としては、まずは死亡保障。「生まれてすぐ、そんなことを考える気になれない」といったお気持ちもあると思いますが、最低限の保障額でも良いので保険で備えておきましょう。

また、子どもにありがちなのが、病気やケガなどでの高額な医療出費です。このあたりについては0歳から加入できる医療保険なども各社で取り扱われているため、加入をおすすめします。損保商品の傷害保険で付保することも悪くありません。

0歳から保険に加入することは決して悪いことではなく、保険始期時点での年齢で保険料が決まる保険であれば、月々の保険料が安く経済合理性を考えた際にはお得なケースが多いこともあります。

そして最後に教育資金に備えて加入する学資保険について。保険という名前がついているものの、意味合いとしては貯蓄です。中学や高校、大学など、それぞれの入学のタイミングでは大きな出費は避けられません。そのタイミングに合わせて設計をし、子どもが小さな頃から計画的にお金を貯めていくことが重要です。定期預金よりも利率がお得なケースが多く、各社で違っているため比較検討してみましょう。



<関連記事>

ライフプラン(ライフシュミレーション)の必要性と保険の関係

住宅購入を機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

結婚を機に見直す保険と必要性について

住宅リフォームを機に見直す保険【保険を見直すタイミング】

Q&A | 2015年07月23日

--【Q.ご相談事例】-----------------------------------------------------

 

台風で雨が吹き込み、壁のクロスが損害を受けましたが、保険の対象となりますか?

 

--【A.ご回答】---------------------------------------------------------

 

台風による、風の災害については火災保険の中で「風災」という分類になります。

 

さて、ご質問の雨の吹き込みについてですが、これが例えば建物の構造上の問題や、窓の閉め忘れなどによるものの場合、免責(保険の対象とはならない)の可能性が高いと思われます。

 

一方、風により何らかのものが飛ばされてきて、窓ガラスが破損した上での吹き込みである場合、保険の対象となる可能性があります。
但し、一般的に風災に関してはフランチャイズ方式と呼ばれ、損害額が20万円を超えない場合、保険の対象とならないという火災保険もありますので、確認が必要です。

 

 

<関連記事>

台風シーズン!火災保険のチェックポイント!

「フランチャイズ方式」と「免責方式」

Q&A | 2015年07月16日

[ 1 ] | [ 2 ] | [ 3 ] | [ 4 ] | [ 5 ] | [ 6 ] | [ 7 ] | [ 8 ] | [ 9 ] | [ 10 ] | [ 11 ]