Q&A

空家の火災保険を、成年後見人が契約できますか?

 

空家の場合、物件により下記の3つに種別が分けられます。

 

 

専用住宅物件→別荘等のように、季節的に住居として使用される建物で、

家財が常時備えられている場合。

 

 

併用住宅物件→常時住居として使用可能な建物(販売用住宅を除く)。

具体的には、海外転勤や長期入院等で家財を残したまま住める状態で、一時的に空家となっているケースです。

 

 

一般物件→住居として使用される可能性のないもの(専用店舗等に使用される可能性のあるもの)、または建設業者等が所有する販売用の一戸建住宅。

 

 

 

お引受する保険商品は物件種別により決まりますが、成年後見人が契約者となり火災保険をつけることができます。

 

 

詳しくはご相談ください。

 

 

香川県 株式会社 ファインステージ

《対応地域》 香川県 愛媛県 高知県 徳島県

お問い合わせ.gifconsul_tel.gifのサムネール画像

 

 

Q&A > 火災保険について | 2013年08月12日