Q&A

寺社の火災保険加入時のポイント

 

寺社の火災保険加入時のポイントについてご説明致します。

 

お寺(フリー素材)-4.jpg

 

a)、新価と時価で、保険金の支払い時に実際どんな違いがあるのか?

 

 

 

次の例で説明します。

 

今、建て直すには3億円(再取得価額=新価)掛かるお寺で、

減価償却された現在の価値は1億5,000万円(時価)であるとします。

 

 

★時価(現在の価値)契約方式の場合に、もし寺社が半焼したら・・・・

 

 

再取得価格 : 3億円

現在の価値 : 1億5,000万円

保険金額 1億5,000万円で火災保険に加入

 

 

「火災保険からは」

現在の価値 1億5,000万円 × 1/2 (半焼)=7,500万円の支払い

 

「実際の修理費用は」

再取得価格 3億円 × 1/2 (半分) =1億5,000万円必要

 

「自己負担額」

1億5,000万円 - 7,500万円 = 7,5000万円

 

 

新価(再取得価額)契約方式の場合に、もし寺社が半焼したら....

 

 

再取得価格 : 3億円

現在の価値 : 1億5,000万円

保険金額 3億円で火災保険に加入

 

 

「火災保険からは」

再取得価格 3億円 × 1/2 (半焼)=1億5,000万円の支払い

 

「実際の修理費用は」

再取得価格 3億円 × 1/2 (半焼)=1億5,000万円必要

 

「自己負担額」

1億5,000万円 - 1億5,000万円 =自己負担無し

 

 

b)、これまでの話をまとめると

 

 

時価 (現在の価値) 契約の火災保険 → 元通りに復旧するには、

資金不足になる可能性があります。

 

新価 (再取得価額) 契約の火災保険 → 元通りに復旧する為に必要な金額を基準に契約しているので、

資金を確保することができます

 

 

 

 

ご覧頂きましたように、火災保険の契約方式・保険金額設定(評価)はとても重要なことです。

 

 

でも、寺社の建物評価は誰がするの?

綺麗に保存は出来ているが、江戸時代に建ってるため図面も無いし・・・

 

 

ご安心下さい!

 

 

 

保険会社に依頼して鑑定人を出張させて、正しい評価額を算出する方法があります。

(鑑定料は有料になる場合がございます。)

 

 

どうぞこの機会に正しい評価についてご検討してみてください。

 

 

詳しくはお問い合わせ下さい。

 

↓     ↓     ↓

 

香川県 株式会社 ファインステージ

《対応地域》 香川県 愛媛県 高知県 徳島県

お問い合わせ.gifconsul_tel.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

Q&A > 火災保険について | 2013年09月09日