Q&A

台風シーズン!火災保険のチェックポイント!

--【Q.ご相談事例】-----------------------------------------------------

 

台風が多くなる時期が近づいていますが、火災保険でチェックしておいた方がよいポイントはありますか?

 

--【A.ご回答】---------------------------------------------------------

 

台風による損害は

①風による損害(風で屋根が飛んだり、窓ガラスが割れたりするケース)

②雨による損害(豪雨による床上浸水、土砂崩れ等による損害)

の二つに大別されると考えられます。

 

(1)風による損害


一般的なケースとしては、風で屋根瓦が飛ばされたりするものです。
特に古い木造住宅や、トタン屋根の工場建物などに多いようです。
多くの火災保険の場合、風災という分類で保険金が支払われる可能性が高いのですが、この分類での保険金の支払いには、「フランチャイズ方式」と呼ばれる形式がとられている保険が多いようです。
20万円以上の損害が出た場合に、全額保険金が支払われる形のものです。
近年、このフランチャイズ方式がわかりにくい、という声もあり「免責方式」を取る保険会社も出てきていますので、確認が必要です。


(2)雨による損害


雨により、床上浸水などがおこった場合は、まずこういった損害を保険の対象としている火災保険と、そうでない火災保険の種類がありますので、確認が必要です。
さらに、この水災は、45cm以上の浸水や床上浸水が保険金支払い条件になっていたり、保険金支払いの条件を満たしても、損害額の全額が出ない保険なども多々ありますので、事前の確認が必要でしょう。


一方雨漏りや、窓からの吹き込みに関しては、建物の老朽化や、施工不良等、突発かつ外来という損害保険の対象となる要素が満たされないため、保険の対象とならない事が多いので、事前の戸締りなどの対策は必要かと思われます。

 

 

 

<関連記事>

「フランチャイズ方式」と「免責方式」

台風被害、壁のクロスは保険の対象?

Q&A | 2015年07月09日