Q&A

「フランチャイズ方式」と「免責方式」

--【Q.ご相談事例】-----------------------------------------------------

 

保険で言うフランチャイズ方式と免責方式というのはどういう違いがありますか?

 

--【A.ご回答】---------------------------------------------------------

 

わかりやすくするため、20万円フランチャイズと、免責20万円のケースで比較してご案内します。 

 

20万円フランチャイズの場合・・・
損害額が195千円の場合→保険金は支払われません。
損害額が201千円の場合→201千円の保険金が支払われます。 

 

免責20万円の場合・・・
損害額が195千円の場合→保険金は支払われません。
損害額が201千円の場合→1千円の保険金が支払われます。 

 

双方、20万円に満たない損害の場合、保険金が支払われないのは同じですが、20万円を超えた場合、フランチャイズ方式は損害額全額、免責方式は損害額から免責額を差し引いた金額が保険金として支払われます。(いずれも、保険金の支払限度額を超えていないものと仮定しています)


なお、これ以外に損害保険の支払い方式として「縮小てん補」というものがあります。
簡単に説明すると「縮小てん補率90%」の保険の場合、20万円の損害が出ると、
20
万円×90%=18万円
となり、18万円の保険金が支払われるという方式です。 

 

この縮小てん補方式は、時として免責方式等と併用される事もありますので、注意が必要です。 

Q&A | 2015年07月09日